ガイナ
ガイナ詳細はこちら
GAINA(ガイナ)ページです。
表示カラーにつきましてはご使用のモニター環境により、実際の色と相違する場合もございます。予めご了承ください。
ガイナとは
ロケット開発で培われた最先端の断熱技術の高性能断熱塗材です。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した、断熱技術を応用し、 非常に特殊なセラミックを塗料化することに成功し、建築用塗材として私たちの暮らしの中で活用できるようになりました。 ごく一般的な塗料と同じように使用しますが、薄い塗膜に大量のセラミックを含有するガイナの中には、 非常に特殊で微小なセラミックビーズが含まれており、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。   GAINAとは!動画はコチラ→クリック!
ガイナ15の特徴
ガイナ15の特徴
ガイナ外壁塗装

ベランダの色を変えてアクセントカラーにしています。
カラーシミュレーションで様々なパターンを検討して頂きました。
「既存の目地をいかしたい」というご要望にお答えしひと手間かけて、目地の細かい塗装もさせて頂きました。

  養生や下塗り・目地栓などに手間をかけ、メリハリのある仕上がりにしました。
ガイナ外壁塗装ガイナ外壁塗装ガイナ外壁塗装ガイナ外壁塗装ガイナ外壁塗装ガイナ外壁塗装
ガイナ屋根塗装

施主様より、「騒音やムッとした空気が気になって…」とのお話でした。
遮熱・遮断に優れた「ガイナ」をお勧めしました。
★施工前の屋上表面温度が60度だったのに対し、施工後44度になりました。-16℃の遮熱に施主様も驚かれていました。

断熱・遮熱性能を高める為に4回塗りにし、膜厚を厚くしました。
ガイナ屋根塗装
キンキさんから施工中に表面温度の計測をしてもらいビックリしました。
仕上がりも効果にも大満足です。
ガイナ屋根塗装
新聞折込チラシを見て電話をしました。
今回、工事内容は、塗装工事だけではなく、トタン張りやエクステリア、電気工事(照明)など、
いろいろあったので総合的にしてもらえるところと思い決めました。
A 特殊セラミックが断熱効果を発揮しますので、塗膜表面が経年による汚れの影響を受けたとしても断熱性能は劣化しません。
A 経年による汚れで遮熱性能は劣化します。
A  低臭タイプですが若干残る場合があります。内装に塗布した場合、臭気の感じ方には個人差がありますが1〜2週間程度残る場合があります。臭気については換気状況も影響しますので、塗布後は十分な換気を行って下さい。臭いの無い内装タイプもございます。詳しくは販売店にお問い合わせください。
A 下地処理剤(シーラー・プライマー等)との組み合わせにより、殆どの材料に塗装出来ます。鉄、コンクリート、モルタル、木、非鉄金属、ガラス、等。
A ポリプロピレン(高密度)、フッ素加工品、テフロン加工品等です。
A ガイナには基本52色バリエーションの用意があります。その他にも200色以上対応できます。詳しくは販売店にお問い合わせください。
A 断熱性能については影響はありません。
A 遮熱性能については白色がベストです、黒色に近づく程悪くなります。
A 問題ありませんが、一度目を白色で塗り、二回目の仕上げを着色で塗布すると遮熱効果が高くなります。
A 塗布量が規定値なら下地の色は出ませんが白系のシーラー・プライマー等を使って色を抑えて使用することをお勧めします。
A ありません。ガイナの塗膜はセラミック塗膜ですので、セラミック色(白色)が基本となります。
A −100℃〜+150℃です。
A 塗膜乾燥後は氷点下においても十分に効果を発揮します。
A いいえ、冬は熱源が室内にあり、断熱性能によりその熱が外へ逃げていくのを防ぎます。「ガイナの効果」の「寒い」をご覧下さい。
A  ガイナはF☆☆☆☆(フォースター)製品です。
A  防水力は十分にありますが、防水材ではありませんのでトップコート(保護材)として使用して下さい。
A  水分が空気中に放出され乾く過程で、水の毛細管現象により塗膜表面にセラミックが引っ張り出されてくるからです。
A  セラミック塗膜ですので、非常に耐久力が長く、一般環境下で15〜20年が目安です。